AGAの治療に掛かる費用と時間

考えようAGA治療

>

最終確認メリットデメリット

メリット

プロペシアはアメリカで開発された薬で、効果としてはAGAによる薄毛の進行を遅らせるという効果があります。
メリットの1つ目としては、AGAの効果が認められているということです。
実はAGAの治療薬として効果が認められているものは少ないのです。

2つ目は医師の処方が受けられるという点です。
厚生労働省に認可された薬なので、一部の医療機関で医師の処方によって入手できます。
その際に自分にプロペシアがあっているのかや副作用のことについて相談することが大切です。

3つ目のメリットとしては塗り薬に比べて圧倒的に周りに知られにくいということです。

塗り薬は特有のにおいがあり、周りからなにか思われているのではないかとびくびくしてしまうことも多いと思いますが、プロペシアは内服薬なので気にしなくても大丈夫なのです。

デメリット

さて、次にプロペシアのデメリットを見ていきたいと思います。
1つ目はAGA以外の薄毛には効果がないことです。
AGA以外のストレスなどによっておこる脱毛症や、女性の薄毛には効果が表れないようです。
そのため、脱毛の理由がはっきりしない人は医師との相談をきちんと行うことをお勧めしています。

次に2つ目として副作用です。
肝機能障害、性欲減退、勃起不全、かゆみ、乳房の肥大、抑うつなどです。
副作用はどの薬にもあるものなので考えすぎることは必要ありませんが、一応頭に入れておきましょう。

3つ目は保険が適用されない点です。
先ほども言いましたが、AGA治療には保険が適用されません。
しかし、ジェネリック薬品を使うことで安く抑えられる面もあるので調べてみてください。


この記事をシェアする
TO_TOP