AGAの治療に掛かる費用と時間

考えようAGA治療

>

自分で行う薄毛対策

AGAって?

AGAとは、髪が徐々に薄くなっていく状態のことで、30代を過ぎた成人男性に多いことが特徴です。
貴方の周りのもいるのではないでしょうか?

AGAの進行パターンはどこから髪の毛が薄くなっていくかによって大きく3つに分けられることができます。
頭頂部型、額の生え際、前頭部の3つです。
最初に薄くなってきたところだけでなく、途中で他のところも薄くなり始めることも多くあります。

髪に毛は成長期、退行期、休止期があります。
髪は2~6年かけて太く長く成長していくといわれていて、その後退行期と休止期を迎えます。
しかし、AGAの場合成長期があっという間に訪れます。
どのくらいあっという間かというと数か月から1年で退行期、休止期を迎えます。

AGAの原因

昔は謎だと言われていたAGAの原因ですが、現在では医療と科学の進歩により最近ではかなり詳しく解明されてきました。

人間の血液中にはテストステロンと呼ばれるホルモンが流れています。
このホルモンがとある酵素の触媒作用によって脱毛ホルモンに変換されます。
このDHTが髪の毛を作る細胞に髪の毛を作らないように命令を出していきます。
これがAGAになる原因です。

ストレスや喫煙についてよく言われていますが、根拠はありません。
ストレスではげるということはありますが、それは円形脱毛症といい、また髪が抜けるメカニズムが違うので関係ありません。
一番のAGAの原因は遺伝です。
沢山存在する遺伝子の中でどの遺伝子が遺伝してAGAにつながっているかまでは分かっていません。


この記事をシェアする
TO_TOP